「先発品ほど効かない」は嘘!バイアグラジェネリックの効き目

先発品ほど効かないは嘘効果効能

バイアグラジェネリックはバイアグラのジェネリック医薬品(後発品)ですが、バイアグラ(先発品)ほど効かないのでは?と思っている人もいるのではないでしょうか。
そもそも、どんな薬でもジェネリック医薬品(後発品)は先発品より効かないと考えている人も少ないくないのではないでしょうか。

先発品と後発品の効果の差は?

実際、先発品であるバイアグラと後発品であるバイアグラジェネリックの効き目に差はあるのでしょうか?
実際のところ・・・バイアグラジェネリック(後発品)とバイアグラ(先発品)の効き目はほぼ同じです。
親指を立てる男女先発品であるバイアグラと有効成分が同じであるため、効き目も同じであると考えられます。
ジェネリック医薬品(後発品)は先発品と、同じ成分で作られ同じ効き目や安全性が確保された薬です。

しかも、先発品より安く買うことが出来ます

また、バイアグラジェネリックを製造・販売するには、厳しい試験をクリアしなければなりません。
では、同じ成分と同じ効き目なのに、なぜ先発品であるバイアグラより安く販売されているのでしょうか?

↓バイアグラジェネリック通販

バイアグラジェネリック(後発品)が先発品より安い理由

バイアグラジェネリックはバイアグラと同じ成分同じ効き目なのになぜ安いのでしょうか。

それは、開発にかかる期間が違うからです。

開発を行う人のイメージ先発品であるバイアグラは後発品のバイアグラジェネリックより、開発期間が長いため、その分コストがかかります。

ジェネリック医薬品(後発品)は、すでに安全性や有効性が認められた成分を使って薬を作る為、開発期間が短くなり、その期間にかかるコストも少なくて済みます。
その為、先発品であるバイアグラより後発品のバイアグラジェネリックの方が、安く販売されているというわけです。

ジェネリック医薬品について

特許の書類を書くイメージジェネリック医薬品(後発品)とは、先発品の特許期間や再審査期間が切れた後に、その薬を開発した会社とは別の会社が同じ有効成分を使って製造販売される薬のことです。
特許の期間は20年ですが、安全性などを確保するための試験や審査によって最大で5年間の延長が認められています。

ジェネリック医薬品は、先発品と同じ有効成分、分量、用法、用量、効き目など同じ規制のもと製造されています。

また、ジェネリック医薬品は、匂いや形など変えてもいいところもあり、飲みやすいように工夫して製造されているものもあります。

やはり、ジェネリック医薬品(後発品)のメリットは、効き目は同じなのに安いというところですよね。
バイアグラジェネリックも、効き目は同じで安く買えるため人気があります。

↓バイアグラジェネリック通販

新型コロナによる影響で、配送の遅れや欠品が起こっています。また、特定の国からの 受注・配送が停止になっている商品があります。
バイアグラジェネリック通販サイト

創業24年!
評判の良い「老舗のサイト」だから、安心・安全・本物の
バイアグラジェネリックが買えます。


【送料無料】【プライバシー梱包】【郵便局留め対応】
サポートも充実だから安心♪

※為替レートの変動により記事内の表示価格が異なります。内容は調査当時のものです。
※個人輸入代行の利用・購入・使用はすべて自己責任となります。また、購入した商品の他人への譲渡・販売は禁止されていますのでご注意ください。

効果効能
\この記事をみんなにシェアしよう/
バジェNavi