ED(勃起不全)には、4つの種類がある!

ED(勃起不全)には、4つの種類がある!のキャッチ画像使い方

ED・勃起不全といっても実は種類があるのをご存知ですか?今回は、EDのタイプについて詳しく解説します。

ED・勃起不全には4つの種類がある

その日の体調やストレスなどの影響もありますが、大きく分けて以下の4種類があります。

  1. 心因性
  2. 器質性
  3. 混合性
  4. 薬剤性

その他、例外として加齢・喫煙・肥満などが原因となる場合もあります。

では、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

心因性EDの特徴

主に、ストレス、プレッシャー、過去の失敗などから性交渉を行う際に勃起不全となるケースです。
身体的にはきちんと勃起できる健康な状態であるにも関わらず、「心」の問題によって勃起不全になっています。
他にも仕事や日常におけるストレスが重なり、次こそ上手く性交渉しなければ…というプレッシャーなども相まって益々勃起不全に陥ってしまいます。

こういった場合にもバイアグラ等のED治療は有効で、バイアグラを服用していることで勃起しやすい状態を作り、心にも安心感も得られ、上手く性交渉を行うことができれば、男性としての自信が生まれ、徐々にED治療薬なしでも性交渉ができるまでに改善する可能性が生まれていきます。

器質性EDの特徴

聴診器を当てられる男性の画像

何らかの身体機能低下による勃起不全です。
器質性EDの種類は多岐にわたりますが、病気や怪我などによって血管内の血流が鈍くなることで勃起しづらくなってしまうケースがあります。

バイアグラ等のED治療薬を使用して勃起を促すことは可能ですが、もし事故などで脊髄を損傷している場合には勃起することで神経を傷つけてしまう可能性もあるため、必ず医師の判断のもとでED治療薬の使用可否を検討されるようにしましょう。

混合性EDの特徴

横に手を広げている男性の画像

上記までに紹介した「心因性要因」と「器質性要因」が混合した状態です。
どちらの要因が強いのか判断するのが難しく、中には糖尿病・高血圧症・肝機能障害などが原因となっている場合もあります。このような慢性疾患がある場合、ED・勃起不全になりやすいですが治療薬によって改善できる場合もありますので、担当医に相談してみるのが良いでしょう。

薬剤性EDの特徴

手に薬をのせている画像

ED治療薬ではなく、他に服用・使用している薬による副作用によって勃起不全になるケースです。
日本国内では症例が少ないですが、アメリカでは25%もの患者が薬剤性EDであると言われています。
欧米は日本よりも薬の規制がゆるく、何かといえばすぐ投薬するイメージはありますからね…。

また、薬剤性EDは以下の3種類に分かれます。

  1. 勃起不全
  2. 性欲の減退
  3. 射精障害

薬剤性EDという言葉だけ聞くと少し重たいイメージがありますが、風邪薬を飲んだ後に性欲が減退したりする場合も薬の副作用による影響の場合もあり、こういったものも含めて薬剤性EDとされています。

その他の原因で起こる勃起不全

心因性、器質性、混合性、薬剤性、とそれぞれ4つのED種別をご紹介しましたが、その他にも加齢・喫煙・肥満といった生活習慣に関わる勃起不全も存在します。

日本人の約70%の男性が70代になるとEDになるデータもありますが、決して性欲を失うというわけではないため、バイアグラ等のED治療薬を愛用しているご年配者さんも数多く存在しているのは事実です。

まとめ ~原因を知ると安心できる~

いかがでしたでしょうか?
このように、様々な原因からED・勃起不全の症状は現れるものです。

しかしバイアグラ等のED治療薬を用いることで、どのようなケースの勃起不全でも改善することは可能であると分かります。
もちろん一部の原因には医師への相談が必須となるものがありますので、無暗にバイアグラ等のED治療薬を乱用するような真似は避けるべきでしょう。

正しい知識を持って、安全にバイアグラ・ライフを楽しむためにも、今回ご紹介した内容を周知しておくようにしましょう!

新型コロナによる影響で、配送の遅れや欠品が起こっています。また、特定の国からの 受注・配送が停止になっている商品があります。
バイアグラジェネリック通販サイト

創業24年!
評判の良い「老舗のサイト」だから、安心・安全・本物の
バイアグラジェネリックが買えます。


【送料無料】【プライバシー梱包】【郵便局留め対応】
サポートも充実だから安心♪

※為替レートの変動により記事内の表示価格が異なります。内容は調査当時のものです。
※個人輸入代行の利用・購入・使用はすべて自己責任となります。また、購入した商品の他人への譲渡・販売は禁止されていますのでご注意ください。

使い方
\この記事をみんなにシェアしよう/
バイジェネ